(1874-1964) 創立会員 白日会創立の中心作家

東京都港区芝に生まれる。
曽山幸彦、堀江正章に師事し、イタリア様式のデッサンや人物画を学ぶ。東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画選科に入学。 師事した黒田清輝が発足した白馬会創立会員となる。光風会、日本水彩画会、そして1924年、川島理一郎らと白日会を結成。
帝国美術院会員/帝国芸術院会員/帝室技芸員/日展顧問
1957年 文化功労者

中沢 弘光 第80回展 特別展示 「舞妓」1939年 >>
 (1913-2000)

東京都中央区に生まれる。
小林萬吾の主宰する同舟舎絵画研究所に通いデッサンを習う。太平洋美術学校に入学。長谷川利行、靉光らと交遊。 渡欧、独立美術協会入選後、福沢一郎、靉光、寺田政明らと美術文化協会結成。 後に井上長三郎、靉光、鶴岡政男、松本竣介らと新人画会を結成。
戦後、自由美術協会に参加。(退会後無所属)
武蔵野美術学校教授/日本国際美術展優秀賞/芸術選奨文部大臣賞

<< 麻生 三郎 第80回展 特別展示 「花」1950年
 (1902-1993)

香川県高松市に生まれる。
東京美術学校(現東京芸術大学)で藤島武二に師事。帝展初入選以降、特選を重ね帝展特選無鑑査となる。 伊勢正義、小磯良平、脇田和らと新制作協会創立に参加。 渡仏、アンリ・マチスに師事。戦後、田園調布純粋美術研究室を発足し後進作家の育成にあたる。上野駅に壁画「自由」を制作。 渡米、拠点をNYに移し抽象的画風へ。
1980年 勲三等瑞宝章受賞/毎日美術賞/毎日芸術賞受賞

猪熊 弦一郎 第80回展 特別展示 「婦人の像」1941年 >>
 (1886-1971) 創立会員

栃木県足利市に生まれる。
渡米、ワシントンのコーコラン美術学校、ニューヨークのナショナル・アカデミー・オブ・デザイン卒。渡欧、アカデミー・ジュリアン、アカデミーコラロッシに学ぶ。新世紀美術協会を創立。
サロン・ドートンヌ会員/女子美術学校教授
日本芸術院会員/日展顧問
白日会会章製作者(第69回展まで使用)

<< 川島 理一郎 第80回展 特別展示 「洋蘭」1940年
 (1906-1995)

兵庫県神戸市に生まれる。
大平洋画会研究所で中村不折に師事。二科、1930年 協会を経て独立美術協会会員に。 渡仏、帰国後、美術文化協会会員に。靉光、鶴岡政男、松本竣介らと新人画会を結成。
戦後、日本美術会創立に参加。 新人画会は自由美術協会へ合流し、同会会員

井上 長三郎 第80回展 特別展示 「冬の宮殿レニングラード」1941年 >>
 (1906-1978)

栃木県下都賀郡都賀町に生まれる。
川端龍子に師事、日本画を学ぶ。新世紀美術協会に委員として参加。
東京美術学校卒/日展会員
日展特選

<< 刑部 人 第80回展 特別展示 「渓流新緑(塩原)」1950年